医院開業・電子申告は山田公一税理士事務所にお任せください
病医院開業・電子申告は山田公一税理士事務所にお任せください

経営者にとって会計とは何か

財務会計ソフトFX2(戦略経営者支援システム)

簿記・会計が、16世紀のイタリアでまとめられたのは倒産防止のためだった。そのことの掘り下げた研究を行なっている税理士がいます。
静岡県の坂本孝司という方です。自分の事業が潰れたら困るので日々の記帳をする。
これが根本!!
社長さん。あなた自身が、事業の「経営成績」や「財政状態」を日々把握し、経営が更に発展するために会計はあるのです。会計の目的の第一は、社長さん自身への報告なのです。
税金のページでも触れましたが、誤魔化してはいられませんね。

どうしてFX2での自計化を勧めているのか? 詳細はここをクリック

新「会社法」では、適時に会計帳簿を作成することが明文化されました。新会社法の要点についてはここをクリック

会計人の原点「職員のこころ」も参照してください。

「中小企業の会計に関する自己診断表」 で自己採点にお役立てください。

電子帳簿保存法対応なのでデータベースの構築ができる

どこの家庭にもコンピュータのある時代です。事業でも自計化をしない手はありません。
TKCの財務会計ソフト 「 F X 2 」 は、戦略的な経営者が 管理会計に役立たせる ことを目的に作り上げられたものです。
一般的な損益計算書ではなく、「変動損益計算書」で経営成績の解説をいたします。
どのような小さな商店でも、利益率の異なる商品の販売をしているものです。部門別の管理をすることで、経営の実態をより鮮明に把握できるようになります。
日々細かく入力をしておくことで、データベースの構築ができるのです。

それでは変動損益計算書とは何?

経営の意思決定に役立つ情報が表現されるものです。 詳細はここを クリック

月次巡回監査によりチェックをするので信頼度が高まる

TKC会員の特長ですが、月次巡回監査 を行ないます。 会計資料 ・ 記録の適法性、正確性そして 適時性 を確保するために、
会計事実の 真実性 、実在性 、網羅性 を確かめ、かつご指導いたします。

巡回監査

経営計画の立案もし易い

継続MASシステム と連動が可能ですから、 経営計画の立案、業績検討会 や 決算検討会の実施にもつながってきます。
経営者が最も望んでいる 最新の事業の現状を把握する ことができるのです。

会社の内外から経営計画の立案が求められている!! 詳細はここをクリック

総勘定元帳保管のスペースが要らない

総勘定元帳 を紙で出力すると 何万円 にもなりますが、電子帳簿保存法対応ですからCD−R一枚を保存しておけばよいのです。 (ただし、税務署に承認申請をする必要があります。)

税理士の顧問料。安いと思いませんか?

会計の世界では、様々の情報があります。 その情報を社長さんと一緒に紐解いて、明日の経営発展へとつなげていきましょう。

そこで、コンピュータを開いて会社の損益計算書を見ていってください。税理士の顧問料安いと思いませんか。お子さんの小遣いと比較したらびっくりします。

月々は、31500円(税込み)、決算料は、その5か月分が最低ラインでしょうか。月額10万円くらいの会社に早く成長していただきたく、ご支援いたします。

もっとも、経営に関わる様々の情報を教えてもらえないとそして経営者の皆さんにも大いに研究していただいて、役立てていただかないと これほど高いものもないのですが・・・

  −− 更新情報のページへ −− 

  −− トップページへ −− 

  −− 当事務所の基本的な考え方のページへ −−