医院開業・電子申告は山田公一税理士事務所にお任せください
病医院開業・電子申告は山田公一税理士事務所にお任せください

リスクマネジメントについて

会社を取り巻く環境は、危険がいっぱい。

経営者の皆さんは、既にお分かりなのですが、会社を経営していくと実は 危険がいっぱい ですね。次のような事件がいつ起こっても不思議でない中で事業の経営は行われています。
これらの危険に対応していく普段の準備。 これをリスクマネジメント と呼んでいます。

地震がきたら大丈夫かしら?
売掛金や貸付金が貸し倒れにならないだろうか?
社長が交通事故に遭ったらどうしよう?
怪我ならまだいいけれども、んでしまったら残された家族や従業員は路頭に迷ってしまう。
財務のデータは、コンピュータ処理。悪質なウィルスにはどう対応しよう?停電の時にはデータの保存ができるのだろうか?毎日のデータバックアップを考えよう!

社長が死んでしまったときに必要なのは、
後継者の育成とお金の準備。やっぱり

同族会社でも、後継社長には実力のある者を社の内外から選ぼうと考えていることでしょう。経営を存続させたいと考えたら、現経営者の実力が強い今から 後継者の育成 をして行きましょう。
もし、未だできていないのならば、実力ある経営者が 突然死 をしても 6ヶ月は存続できる ように、会社を受取人とする 生命保険契約 を締結しておくことをおすすめします。

このように保険のことを考えていますから「企業防衛」とも呼んでいるのです。

事故は、交通事故 ばかりではありません。火事、地震、水害、PL障害・・・などなど 様々です。 損害保険契約締結に際しては、多方面にわたる知識を踏まえて対応策を練り上げて行きたい。優秀な経営者の皆さんは、そのように考えていることでしょう。

  −− 更新情報のページへ −− 

  −− トップページへ −− 

  −− 当事務所の基本的な考え方のページへ −−