医院開業・電子申告は山田公一税理士事務所にお任せください
病医院開業・電子申告は山田公一税理士事務所にお任せください

「 法人成り」では、 次のようなことを検討しましょう

☆個人事業の実態を把握しましょう

事業の所得税は、払いましたか?

事業税は、課税されていますか?

直前の決算 では、儲 かりましたか?

青色事業専従者給料は、年額いくら支払いましたか?

所得税の税率は、何パーセントかご存知ですか? 

☆どのようなところに 法人成りのメリットがあると考えていますか
法人成りによって事業の信用力向上が図れる

節税対策

自分も従業員も、仕事への意欲が高まる

銀行借入れが、し易い

将来の発展が期待できる

☆次の項目は、法人成りのデメリットだと考えていますか

株式会社は、設立第一事業年度より消費税の課税業者であること

法人住民税の均等割りがあること

交際費課税があること

役員賞与は、法人税の計算では損金にならないこと

法人税等の計算が難しいこと

☆設立にあたって次のことを検討 していますか?

設立時の資本金をいくらにするか

設備投資額はいくらぐらいになるか見込んでいるか

従業員は何人雇い、いくらくらいの給料を支払うのか

第一事業年度の利益目標

現金出納帳等・会計帳簿の記帳方法

第一事業年度の売上目標

領収証等の保存方法

コンピュータの導入

☆リスクマネジメントについて
現金管理を日々行えますか?

売掛金の管理方法について検討していますか?

会社が受取人の生命保険の加入を検討していますか?

小規模企業企業共済等掛金(節税商品の代表格)を知っていますか?

買掛金等の支払いを遅らせない方法の検討をしていますか?

コンピュータのウィルスチェックをできる体制にありますか?

各種損害保険の加入を検討していますか?

 

いかがでしょうか?
ここでは、法人成りについて 当事務所で検討する事項 を並べてみました。
税理士事務所が、顧問先に毎月の巡回監査で訪問する際には、ここに書いたような事柄についても検討をしていきます。
会計帳簿は、経営発展のために、会社が全て作成することが原則です。

FX2という自計化ソフトで無理なく会計を覚えられるようなアドバイスを心がけています。

中小企業でも 銀行借入れの際に 経営計画 を求められる時代です。社長さんの経営に対する熱き思いを反映させる 経営計画の立案 をお手伝いします。
当事務所では、ここでの質問のようなことをも考えながら、法人税 ・ 所得税 や 消費税に関連する相談に応じています。

 

 

  −− 更新情報のページへ −− 

  −− トップページへ −− 

  −− 当事務所の基本的な考え方のページへ −−

  −− 電子申告・電子納税のページへ −−